中国人民大学民商事法律科学研究中心侵权法研究所
 首页 | 世界侵权法学会 | 东亚侵权法学会 | 侵权责任法评注系统 | 简明中英文侵权法词典 | 学者论坛 | 判解研究 | 新闻动态 | 法律书屋 | 研究资料 | 教学服务| 站内搜索
网站公告

东亚侵权法学会公告(2010)1号:东亚侵权法学会组成人员名单(日)
   2011/8/22 15:30:00
                                 東アジア権利侵害法学会文書

                                          (2010)1号
-------------------------------------------------------------------------------
  
                                「東アジア権利侵害法模範法」
                                       2010-2011年度研究計画

  東アジア権利侵害法学会の第一回年会の決定により、各専門委員会が「東アジア権利侵害法模範法」についての初年度の研究目標とは、本法域における権利侵害法の特定課題の基本内容である。本年度において、各専門委員会は主に下記の13の課題について研究を進め、来年度の比較法の基礎研究として、その研究成果を2011年度の東アジア権利侵害法第二回年会に提出することを目指す。

  一、研究報告における13の課題
  各専門委員会は本法域の権利侵害法について下記の13の研究課題を策定する。
(1)権利侵害法の保護範囲
(2)権利侵害責任の帰責原因のシステム及び調整範囲
(3)行為及び違法性
(4)損害
(5)因果関係
(6)故意及び過失
(7)共同権利侵害行為
(8)権利侵害責任の形態(代替責任及び権利侵害責任の分担)
(9)損害賠償
(10)抗弁事由及び消滅時効
(11)製造物責任(薬害責任を含む)
(12)環境汚染責任
(13)ネット上の権利侵害責任
  二、研究報告の基本内容及び書き方
  各専門委員会は上記の課題について、各自の研究を進め、2011年3月秘書処(事務局)に研究報告を提出する。研究報告の基本内容は下記の通りである。
(1)上記の13の課題に基づき、13の特定の研究テーマを設定する。
(2)各特定の研究テーマは下記の5つの問題について研究を進めていく。
1.この問題の基本規則。
2.本法域におけるその規則に関する規定(基本法及び特別法を含む)。
3.本法域におけるその規則に関する法理と通説。
4.その規則に関する典型的な訴訟事例
 5.「東アジア権利侵害法模範法」におけるその規則に関する基本意見。

网站公告
侵权法研究所公告
东亚侵权法学会公告
新闻动态
国内动态
国际动态
学者论坛
学术讲堂
论文精粹
法眼时评
判解研究
《最高人民法院公报》侵权类案例
社会热点案例与评析
教学案例
法律书屋
新书、旧作、名著
前言、后记、书评
研究资料
《侵权责任法》立法资料
相关法律、法规、司法解释
比较法资料
东亚侵权法学会
学会公告
学会动态
比较法资料
关于本站 | 联系我们 | 隐私策略 | 网站地图 | 后台管理
@2009 京ICP备10004153号-1      v 0.31
网站联系方式: chinesetortlaw@gmail.com
中国人民大学民商事法律科学研究中心